vol.23 スタイル

「自分、というものを持っていなかったら、色々な人に云われる度に、その度にいろいろに変わって了う、そういうのではやはり困る、と思うのです。」(高峰秀子…映画「二十四の瞳」他の主演 大女優)

ステイホームの連休…災難は人を試す。あらためて、前向きに「辛抱」することが大事だと思っていたところ、偶然にも冒頭の言葉に出会いました。

連休中に彼女の著書を数冊読み、映画や記録映像も観ました。何事にも選択を終えているので判断も受け答えも早く、所作も知識も頭の回転も抜群、凛としていて粋なスタイルを貫いた素敵な女性です。数々の著書には人生のエッセンスになる文脈が散りばめられています。個人的には感動と共感が多く、一瞬にしてファンになりました。

常の本質(内面のスタイル)がライフスタイルになる。自身の生き方のスタイルは何か、【自分をよく識(し)ること】を考える有効なステイホームの連休になりました。

代表取締役社長 鈴木 一隆

Copyright © 2019 bellsonica Co.,Ltd. All Rights Reserved.