スズキ株式会社 新型ワゴンRに採用されている超高張力鋼板部品の一部は当社にて加工しています

2012年9月6日に発売された、スズキ株式会社の新型ワゴンRの車体構造部品に採用されている、 引っ張り強さ980MPa(メガパスカル)級の超高張力鋼板(ハイテン材)の内、複数を当社にて加工しています。
従来の工法では高張力鋼板による複雑形状部品の加工が困難でしたが、 新型ワゴンRには新しいプレス工法(基本特許:新日鐡住金㈱、Aピラーにつき スズキ㈱・新日鐡住金㈱共願特許)を用いることで、Aピラーヒンジリーンフォースに 軽自動車として初めて※980MPa級の超高張力鋼板部品が使用されるなど、 それらの部品の一部を当社にて加工しております。(※2012年9月現在、スズキ調べ) 
その結果、車体重量の大幅な軽量化を実現することができ、新型ワゴンRの燃費向上に 貢献しています。

Archive

Copyright © 2019 bellsonica Co.,Ltd. All Rights Reserved.