はじめに

我々ベルソニカは、全従業員の一人ひとりが主役となり、一人ひとりが輝き、会社や社会の目的に邁進して外部を魅了する会社です。

全員のしあわせを探求するために、更に強く共鳴し、響き合い、小さな波を大きなうねりへ変化させ続け、地域社会に感謝される企業として、未来に向かって力強く前進していきます。

代表取締役社長 鈴木一隆

※2019年4月からは、わくわく感ある「独自の技術で未来をひらく」ために「技術力・改善力・人のつながり」の3つの強みと4つの戦略からなる長期経営ビジョン『ベルソニカしあわせ創造2030』をスタートさせました。今後の活動にも期待ください。


vol.10 意志

 過日の弊社株主総会で任期満了に伴い雄志ある2名が退任しました。いずれのお二方も第2の人生を送るための勇退です。経験豊富で厳しい意見を持つ方々でしたから、会社にとっても痛手であり、また、社長業2期目の私にとっては痛恨の極みです。そんな状況ですから管理職へは「意見の少ない会社は危険です。会社も私も皆の意見を望んでいます。より立派な会社にすることがお二人の今までの苦労に報いることです・・・云々」と話しをしました。同時に批判と意見の違いの話をしました。「批判」は文句・嫉妬・愚痴の類であり、問題解決につながらない。「意見」は情報集め・分析・熟考が伴った意志ある提案・・・云々。

 社長は情報量や視野は多く広いかもしれませんが、所詮は人であり全部のことは見きれません。職場のことは、それぞれの職場の方が1番詳しいのです。私よりも考える総時間(=考えた回数とそれに掛けた時間)を長くすれば注意も指示も少なくなりお互いに気持ちよく仕事が出来る筈です。

社長を理論で言い負かし続けて欲しい。そう願っています。

代表取締役社長 鈴木 一隆

Archive

Copyright © 2019 bellsonica Co.,Ltd. All Rights Reserved.